MENU

滝沢歌舞伎は来年(2023)どうなる?アジアやドーム規模の実施は?

滝沢秀明さんが2022年10月末でジャニーズ事務所を退所しましたが、長年公演を続けてきた「滝沢歌舞伎」は今後どうなってしまうのかが話題になっています。

2023年の公演については4月に実施が発表されていましたが、滝沢秀明さんの退所による影響はあるのでしょうか?

この記事では、2023年の滝沢歌舞伎の実施がどうなるのかアジア公演やドーム規模の会場での実施の噂などについて詳しく調査してみました。

目次

滝沢歌舞伎2023はドーム規模会場で実施?

2006年の「滝沢演舞城」から始まり、滝沢秀明さんが長年公演を続けてきた伝統の舞台、「滝沢歌舞伎」

滝沢歌舞伎,どうなる

見ての通り滝沢秀明さんの名前から『滝沢歌舞伎』と名付けられていますが、滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を退所をしたため、今後はどのような形で実施することになるのかに注目が集まっています。

報道では、来年2023年の滝沢歌舞伎が実施されるのかどうか、2つの見解が出ています。

まず1つは、ドーム級会場での実施

関係者は「製作サイドはすでにドーム級の会場を押さえていると聞いています。今後は演出を誰がやるのかなども含め、作品の上演について検討していくと思われます」と明かした。

2022年11月2日 Yahoo!ニュース

滝沢秀明さんは2022年4月の時点では、2023年は『スーパー滝沢歌舞伎ZERO』と題して、花火を打ち上げられるくらいの場所で上演したいと話していました。

この話がそのまま進んでいるのであれば、現在の会場である新橋演舞場よりも規模の大きい会場で、大々的に滝沢歌舞伎が上演される可能性もありそうですね。

しかし一方で、松竹関係者からは以下のようなコメントが。

来春の公演を予定していたが、製作の松竹関係者は「今後の公演予定は決まってません。これから検討していきます」とコメントした。

2022年11月2日 スポーツ報知

ドーム級の会場が本当に押さえられているのか、それとも予定は白紙になってしまっているのか、いったいどちらなのでしょうか…?

ジャニーズ事務所からの公式発表はまだされていないので発表を待つしかないようですが、大規模な滝沢歌舞伎も見てみたいですね!

滝沢歌舞伎アジア公演はある?

滝沢秀明さんが公演を続けてきた「滝沢歌舞伎」から、Snow Manが主演となる「滝沢歌舞伎ZERO」に変更となって2023年で5年目になります。

2022年4月の時点では、滝沢秀明さんはこの5年目という節目を記念して、滝沢歌舞伎のアジア公演を予定していると発言されていました。

同作を新橋演舞場のほか国内の大規模会場、そしてアジアで上演する構想だ。
(中略)
現地の人々向けに芝居は盛り込まず、パフォーマンスがメインとなり、日本文化や最先端技術が組み込まれる。場所などの詳細は調整中。

2022年4月7日 スポニチ

ただこちらは滝沢秀明さんの退所前の話ですので、現時点では白紙になってしまったのか、アジア公演実施の準備が進められているのかは不明のようです。

滝沢歌舞伎は今後どうなる?実施を予想!

滝沢秀明さんが退所してしまったことで、今後どのような形で『滝沢歌舞伎』が実施されていくのか、ファンからは不安の声が多数上がっています。

滝沢歌舞伎は今後どう変わっていくのでしょうか?ここからは、滝沢歌舞伎の今後について予想してみました。

①滝沢歌舞伎の名称を変更?

滝沢秀明さんの名前から「滝沢歌舞伎」と名付けられていましたが、ジャニーズ事務所を退所してしまった人の名前を使い続けていくのは事務所的にもNGになると予想できますね。

そのため、今後も公演を続けていくのであれば、公演名を変更して実施が継続されるのではないかと思われます。

滝沢秀明さんの後任として井ノ原快彦さんがジャニーズアイランドの社長になることが発表になっていますので、井ノ原快彦さんの名前から「井ノ原歌舞伎になるのでは?」という声もSNSでは多数上がっていました。

しかし、これについては井ノ原快彦さん本人が「僕の名前はつけないと思います」と否定のコメントを出しています。

今後は、「ジャニーズ歌舞伎」や、現在メインキャストのSnow Manの名前を取って「スノ歌舞伎」などになるのでは?とSNSでは予想されているようです。


②ジャニーズタレントや外部に演出依頼?

2022年までは滝沢秀明さんが演出を担当していた滝沢歌舞伎ですが、退所してしまった今、滝沢秀明さんの演出ではなくなることは確実でしょう。

そのため、後任である井ノ原快彦さんが演出を手掛けるのかと言われていましたが、井ノ原快彦さんは、

「才能のあるタレントや、もしかしたら外の演出家にお願いするかもしれない」

2022年11月2日 スポニチ

と話していました。

過去に滝沢歌舞伎で滝沢秀明さんとタッグを組んでいた三宅健さんや、ジャニフェスの総合演出を担当した嵐の松本潤さん、関西ジャニーズJr.のプロデュースをしている関ジャニ∞の大倉忠義さんなど、プロデュース力の高いタレントもジャニーズ事務所には多数います。

こうしたジャニーズタレントや、外部の演出家が担当し、”新生滝沢歌舞伎”となってスタートを切る可能性もあるかもしれませんね。

③Snow Manが滝沢歌舞伎を引き継ぐ?

長年滝沢歌舞伎の主演を務めてきた滝沢秀明さんですが、2018年末の引退をもって、Snow Manに主演を引き継いでいます。

滝沢歌舞伎,どうなる

2022年までは滝沢秀明さんが演出を務めていましたが、今後は演出など全てをSnow Manが担当し、完全に滝沢歌舞伎を引き継ぐという可能性も考えられます。

Snow Manの中には初演の2006年から出演しているメンバーもいますし、特に初期メンバーの6人(深澤辰哉さん・阿部亮平さん・渡辺翔太さん・佐久間大介さん・岩本照さん・宮舘涼太さん)は、長年滝沢歌舞伎のメインキャストとして滝沢秀明さんを支えてきました。

一番身近で滝沢秀明さんのことを見てきて“滝沢イズム”をしっかりと継承しているSnow Manに滝沢歌舞伎の全てを任せて退所したということもあるかもしれません。

デビュー以降爆発的な人気で今やジャニーズのトップに近い存在のSnow Manなら、滝沢秀明さんやジャニーさんの意志を引き継ぎつつ、”新しいジャニーズの歌舞伎”を見せてくれるかもしれません。

あわせて読みたい
滝沢秀明が直接プロデュース/作ったグループは5つ?詳しく紹介! 滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を退所したことが報道され、大きな話題になっています。 滝沢秀明さんが退社したことで、「タッキーがプロデュースしたグループは大丈夫...


④2023年の実施でフィナーレ?

2023年は、会場を押さえているという報道もあったため滝沢歌舞伎を実施する可能性はありそうですが、その翌年以降の実施は現時点では不明となっています。

「滝沢歌舞伎」という名前も使えなくなってしまった今、2023年を大々的に実施することで「滝沢歌舞伎のフィナーレ」とする、といったこともあるかもしれません。

滝沢歌舞伎は一旦終了させ新たなジャニーズの歌舞伎をスタートさせるか、歌舞伎の公演自体を終了させてしまうのか…。

ファンとしては、この伝統的な舞台をこのまま続けて欲しいと願う方も多いと思います。

できればフィナーレではなく、滝沢秀明さんやジャニーさんの意志を継いで歌舞伎の公演は続けて行って欲しいですね。

まとめ

2023年の滝沢歌舞伎の実施や、ドーム規模の実施やアジア公演はどうなるのかをまとめてみました。

滝沢秀明さんはファンの気持ちを一番に考えてくれる方でしたので、実施する方向でしっかりと引継ぎを行ってから退所をしたのではと考える方も多いようですが…。

現時点では公式からの発表はまだありませんので実施はハッキリと決まっていませんが、会場が決まっているなどの報道があったように、実施の可能性はゼロではないように思います。

これまで滝沢歌舞伎を応援してきたファンの方たちが、一番納得できる形で存続してくれることを願っています。

目次
閉じる