MENU
【滝沢秀明TOBE】現在の所属タレント一覧|三宅健や平野紫耀ら3人は確定!今後は?

プラスマイナス岩橋のパワハラ内容は?ビーダッシュ社長林敏博がやばい!

※アフィリエイト広告を利用しています

お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌さんが、過去にパワハラ被害にあっていたことを告発しました。

パワハラをしたのは、浜田雅功さんの番組制作に携わっている「ビーダッシュ」の社長・林敏博さんと言われています。

岩橋良昌さんは、いったいどのようなパワハラを受けてきたのでしょうか。

今回は、プラスマイナス岩橋良昌さんのパワハラ被害について、調査しました!ぜひ、最後までご覧ください。

目次

プラスマイナス岩橋のパワハラ内容は?

あわせて読みたい

岩橋良昌さんは1月17日、突如ツイッターにて「プレバトかー あの大パワハラ社長の会社の番組やなー」とポストしました。

そして、次々と告発が始まっていきます。

あわせて読みたい

松本人志さんの性加害疑惑が取りざたされている中、先輩芸人に女性を紹介する“上納システム”について、岩橋良昌さんも経験があることを告白しています。

アテンドした芸人について実名はふせているものの、ネット上では「今田耕司さんでは?」と指摘されています。

岩橋良昌さんがしたことが、渦中のスピードワゴン・小沢一敬さんと一緒だという声もあがっているようですね。

あわせて読みたい

そして、それから10日後の1月27日、パワハラ被害の告発が始まりました。

ビーダッシュ社長林敏博からのパワハラ

岩橋良昌さんは、ビーダッシュ社長林敏博さんから、パワハラを受けていたことを明かしました。

この会社は、テレビ番組や映像コンテンツの企画・制作を手掛け、「プレバト!」「ジャンクSPORTS」などを担当しています。

岩橋良昌さんが受けたパワハラの内容は、

  • 芸人の料理をドッグフードと入れ替えて食べさせる
  • 紙幣を薬紙にして世界一辛い粉を芸人の舌下、舌の裏に流し込む
  • サザエの殻を噛ませて歯が欠けた
  • 青唐辛子を生で食べさせる
  • 跡が残るほど殴られた

このような仕打ちが、カメラが回っていない状況で行われ、それを見ていたスタッフや浜田雅功さんが高笑いしていたそうです。

これにより精神的苦痛を受けたため、林敏博さんに訴えると、「訴えろや。お前俺じゃなかったら消されてたぞ」と言われたそうです。

あくまで岩橋良昌さん側だけの主張ではありますが、これが真実であればひどすぎる話ですね・・・

岩橋良昌さんは、これらのパワハラが原因で、精神的に追い詰められ、強迫性障害になってしまったそうです。

放送作家による不正疑惑

岩橋良昌さんは、「北河内新人お笑いコンクール」の放送作家が、八百長をしていたことも告発しています。

このコンクールは、以前プラスマイナスが決勝のゲスト審査員を務めました。

岩橋良昌さんはコンクール前に放送作家から、『この大会はよしもとが主催してるからほかの芸人は優勝させないように」と言われたそうです。

岩橋良昌さんはショックを受け、「地元もけなされた気分。そんな大会なくなってしまえばいい」とポストしています。

その作家は、長い間M-1の審査員もしていたということで、一部では前田政二氏ではないか?と言われています。

まさかの八百長疑惑でしたが、28日には岩橋良昌さんがこれまでの投稿を削除しています。

あわせて読みたい

グループ長やチーフマネージャー、副社長と話しあいがあったそうで、最終的には納得して削除したそうです。

ビーダッシュ社長林敏博とは?

岩橋良昌さんは、林敏博さんからのパワハラを告発し、それを浜田雅功さんが笑って見ていたと主張しています。

ビーダッシュは、浜田雅功さんが出演している番組を多く担当しています。

林敏博さんの年齢は公表されていませんが、50台後半~60歳前後と思われます。いかにも業界人な見た目ですね。

林敏博さんは大学卒業後、テレビ番組やCMの企画運営、映像制作を行う株式会社「東通企画」に入社しました。

この会社は、「帰れま10」「Qさま!」「モニタリング」「ガイアの夜明け」といった有名番組を、多数手がけています。

その後、東通企画を退職し、フリーディレクターとして独立しました。

1993年7月には、「有限会社クラッシュアウト」を創業し、1999年4月に現在の「株式会社ビーダッシュ」となりました。

吉本興業と関係が深く、特に浜田雅功さんの出演番組を多く手掛けています。

岩橋良昌と浜田雅功との関係は?

岩橋良昌さんはパワハラを受けた結果、浜田軍団を抜ける選択をしたそうです。

岩橋良昌さんはもともと、浜田雅功さんに救われ、芸人を続けてきました。

岩橋良昌さんは幼少期から、授業中に急に叫びたくなったり、やってはいけないことを我慢できないという癖に悩んでいました。

しかし、浜田雅功さんの「絶対にやり続けろ」という言葉に救われ、芸人を続けることができたそうです。

今回の告発によって、岩橋良昌さんが浜田雅功さんを裏切ったような状態になってしまいましたね。

しかし、パワハラが本当であれば、笑ってみていた浜田雅功さんもひどい、という声があがっています。

この主張がどこまで本当なのかは証拠もなく、現時点では真相は分かりません

週刊誌が制作会社に取材を申し込んだところ、取材拒否されたそうで、回答は得られなかったようです。

まとめ

今回は、プラスマイナス岩橋さんのパワハラ被害について、紹介しました!

岩橋良昌さんは制作会社ビーダッシュ社長林敏博さんからパワハラをうけており、浜田雅功さんもそれを笑ってみていたと告発しています。

岩橋良昌さんは一部投稿を削除しており、現時点でどこまでが真実なのかは分からない状態です。

今後の情報にも注目ですね。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こんな記事も読まれています

目次
閉じる